社員インタビュー

京成バスで働く

樋口 祐亮HIGUCHI YUSUKE
新習志野高速営業所 2016年新卒入社

◎ なぜこの仕事を志望し、
京成バスに入社を決めたのですか

私は関西から転居し、京成バスに新卒で入社しました。大学在学時、最初は鉄道業界を志望していましたが、その根底にあったのは、社会を支える公共交通事業に携わりたいということでした。最終的にバス業界を選択しましたが、大学時代から運転することが好きだったため、抵抗はありませんでした。

◎ 自身の業務内容を簡単に教えてください

入社して約2ヶ月の研修を終えたのち配属先で先輩の指導を受けつつ、ショッピングモールの貸切輸送を1年担当しました。現在は高速バスの担当となり、羽田・成田空港や東京駅から各地を結ぶ高速バスに乗務しています。乗務の際に一番大切にしていることは接客です。電車と異なり、バスはお客様と直接関わる機会が多いので、より良い接客・接遇を行い、安心してお客様にご利用いただけるよう心掛けています。

◎ どんなところに仕事のやりがいを感じますか

お客様を目的地までお送りした後、お客様からお礼の言葉を頂いた時は、すごくやりがいを感じます。車内アナウンスではマニュアル以外にも、季節や状況に応じたアナウンスをすることがあります。降りる時にお客様から「お話面白かったです」といった感想を頂いたときにも喜びを感じます。また、テーマパークの路線で到着時、大人、子供に関わらず自分のぬいぐるみで「いってらっしゃい」と手を振っていたら、降りるお客様全員、手を振り返してくれたことがあり感動しました。

◎ 京成バスの魅力は
どのようなところだと思われますか

京成バスの魅力は、千葉県内最大のバス会社であることです。その会社で乗務できることに誇りをもっています。先輩方が築き上げ、お客様から安心と信頼を得ている「京成バス」を引き継いでいければと、日々の乗務に全力で取り組んでいるところです。